映画

マスカレードナイトを見た感想とあらすじ解説!犯人役は麻生久美子?

スポンサーリンク

東野圭吾原作の「マスカレードナイト」
木村拓哉さん主演で話題になってますね。

前作マスカレードホテルも見たので
引き続き見てきました。

今回は、マスカレードナイトを見た
感想とあらすじを解説してみたいと思います。

映画マスカレードナイト作品情報

まずは、映画「マスカレードナイト」の基本情報です。

ポイント

・作品名:マスカレードナイト
・公開日:2021年9月17日(金)
・監督:鈴木雅之
・上映時間:129分(2時間9分)
・キャスト:木村拓哉、長澤まさみ、小日向文世、梶原善 他

主演が木村拓哉で相手役が長澤まさみで、脇を固める
俳優陣が豪華と前作は話題になりました。

本作品も前回同様に豪華俳優陣が脇きを固めて
話題になっています。

当然のことながらミステリー要素はあるのですが
ホテルに訪れる人々の人間模様の中に
笑いもあって楽しめる映画になっています。

映画マスカレードナイトあらすじ

東京練馬のマンションの一室で若い女性の他殺死体が
発見されました。匿名FAXでの密告通報
その内容は、その事件の犯人が12月31日にホテル・
コルテシア東京で行われる年越しカウントダウンパーティ
通称「マスカレードナイト」に現れるという内容
大晦日当日、捜査本部に呼び出された新田浩介(木村拓哉)は
再びフロントクラークとして潜入操作を開始します。
その潜入操作を一緒に行うのが前作のバディであった
フロントクラークの山岸尚美(長澤まさみ)
カウントダウンパーティの参加者は、500名
しかも全員仮装をし素顔を仮面で隠している
次から次へとホテルに正体不明の怪しい人間が
ホテルを訪れる状況に、手がかりがなかなか掴めずにいた
増え続ける容疑者。犯人の狙いは?容疑者は?
新田と山岸は殺人犯を見つけることができるのか?
(マスカレードナイト公式HPより)

多くの登場人物の中から、いくつものドラマと
エピソードをつなげていく事で、真相に近づいていきます

前作同様に、多くの宿泊客の中から「仮面(素顔)」を
剥がす男と「仮面(秘密)」を守る女が奔走していきます

手がかりのないところから、いかにして犯人の仮面を
剥がして真相に辿り着くのか見ものです。

マスカレードナイトの犯人は、麻生久美子!?

マスカレードナイトの犯人を映画公開前に
予想してみましたが、全然違ってました。

映画公開前は、田中みな実さんや
中村アンさん、木村佳乃さんではないか?と
予想したのですが、犯人役は麻生久美子さんでした!

中村アンさんは、ダンスインストラクター役
田中みな実さんは、ホテルのお客さん役
木村佳乃さんは、密告者役

でした。

犯人仲根緑(麻生久美子)の動機は、自殺した
妹に対して侮辱な発言をした警察への復讐

映画マスカレードナイトを見た感想

マスカレードナイトを見た感想ですが、

あっという間の2時間でした。

今回は、「仮面」が全面に押し出されている
だけに、テーマにもなっていたのかな?と
思います。

前述したように、警察は操作の為に「お客様」の仮面を
剥がす

一方、ホテルマンは「お客様」の仮面を守る

警察とホテルの勝負が描かれていたように思います。

そして、ホテルコルテシアがその場所に選ばれた
キーワードとして、「不倫(ラブアフェア)」

そのキーワードが出てきたので、犯人の動機に
絡んでくるのかな?と見ていたのですが、全く
違ってました。

犯人を特定する方法として、マスカレードナイトの
パーティで新田浩介はタンゴを踊る相手として
犯人を指名するのですが、どうやって特定出来たのか?
とツッコミたくなる場面もありましたが・・・

また、明石家さんまさんも前作同様に出演して
いるのですが今回はわかりやすかったですね。

トータル的にみて、今回の作品も面白かったですし
マスカレードシリーズの世界観も好きですね。

エンディングでは、続編があるのでは?と
思わせる終わり方でもあったように思います。

メディアでも東野圭吾さんが、木村拓哉さんに
”次なにをしたい?”と話していたそうですから
次回作もあると期待したいですね。

まとめ

今回は、マスカレードナイトを
見た感想と犯人役のネタバレを
しました。

犯人は、仲根緑役の麻生久美子さん
でした。

マスカレードシリーズの世界観が
非常に好きではありますし、
続編がある事を期待したいですね

最後までお読みいただきまして
ありがとうございました。

 

-映画

© 2021 アラフィフパパの日常呟き日記♪ Powered by AFFINGER5