イベント

GoToトラベルの停止期間はいつからいつまで?予約のキャンセル料はどうなる?

スポンサーリンク

GoToトラベルが全国一斉停止になりました。

菅首相もようやく重い腰をあげたかんじですね。

GoToトラベルの停止によって、予約した人や

旅行業者や宿泊施設、飲食店は振りまわされて

ばっかりです。

そこで、気になるのが全国停止期間がいつまでか?

予約したキャンセル料はどうなるのか?

GoToトラベル停止の詳細などについて

まとめてみました。

Gotoトラベル全国一斉停止の詳細

12月14日の夕方にGoToトラベル全国停止の

ニュースが飛び込んできました。

政府もようやく重い腰をあげたかんじですよね。

停止に至るまで、ドタバタだったような気がします。

 菅義偉首相は14日、首相官邸で開かれた新型コロナウイルス感染症対策本部(本部長・首相)で、観光支援事業「Go To トラベル」について、今月28日から来年1月11日まで、全国一斉に利用を一時停止すると表明した。
(引用元:ヤフーニュースより)

GoToトラベル一斉停止の詳細

・全国一斉停止
・札幌市、東京都、大阪市、名古屋市の到着分は一時停止、出発分は自粛要請
・12/24 までに予約キャンセルをした場合は負担がかからない

ざっくりとした詳細が伝えられただけですので、

詳細は明日以降順次発表されてくるかと思います。

GoToトラベル停止期間はいつからいつまで?

今回発表されたGoToトラベル停止期間はいつから

いつまでになるのでしょうか?

都道府県 GoToトラベル停止期間
全国 2020/12/28〜2021/1/11迄 (2020/12/14現在)
北海道 札幌市GoToトラベル一時除外(出発分は自粛要請) 2020/12/14〜2020/12/27迄
東京 東京都GoToトラベル到着分は一時除外(出発分は自粛要請) 2020/12/27迄
65歳以上の高齢者と基礎疾患がある人は、自粛要請
大阪 大阪市GoToトラベル一時除外(出発分は自粛要請)12/14〜12/27迄
名古屋 名古屋市GoToトラベル到着分は一時除外(出発分は自粛要請) 2020/12/27迄

2020/12/14時点でGoToトラベルの停止期間についてです。

東京は全国一斉停止期間の前に、先行して停止を

行う予定のようです。

GoToトラベル停止詳細(東京都)

・一時停止期間(到着分) 2020/12/18〜2020/12/27迄
・一斉停止        2020/12/28〜2021/1/11迄
時短要請は、2021年1月11日まで延長

主な企業は年内、12/28まで営業して翌日から

1/3までは、年末年始休暇に入ります。

年末年始で人が一番動く期間に停止をして

コロナの感染拡大を抑え込むのと

医療が逼迫しないようにするためとも

言えます。

GoToトラベルのキャンセル料について

GoToトラベルの全国一斉停止をうけて

すでに予約してしまったツアー代金や

ホテル代金などのキャンセル料は

今のところ、国が負担する事としています。

詳細などについては、12/15以降決定次第

発表されるかと思います。

GoToトラベルキャンセル料

・12/24までにキャンセルした場合は、キャンセル料は国が負担する
(12/14時点)

GoToトラベルは、割安で旅行できたり、普段宿泊

できないホテルに割安で宿泊できるなど利用者に

とってもお得なキャンペーンでした。

しかし、それが停止となるとその割安分の負担が

発生しますし、停止のニュースを見たとたんに

”コロナ感染は大丈夫なのか?”と急に不安に

なってしまった人がキャンセルをすると

思われます。

”コロナ感染”に不安を感じるのであれば

停止以前に無理にGoToトラベルなど

利用せずに自粛していれないいのではないか?

とニュースなど見ていて思ってしまいます。

次のページへ >

-イベント

© 2021 アラフィフパパの日常呟き日記♪ Powered by AFFINGER5