コロナウィルス

変異株(東京)の感染確認はどこ?感染経路(ルート)や今後の市中感染の可能性情報まとめ!

スポンサーリンク

とうとう東京でもコロナウィルスの変異株が
確認されてしまいました。

しかも、まだ10歳の女の子で渡航歴がないと
いう事で、非常に怖いですよね。

今回は変異株ウィルスが

・東京のどこで確認されたの?
・感染経路(ルート)は?
・市中感染の可能性と感染防止策は?

と気になる点をまとめてみました。

変異株の確認は東京のどこ?

夕方のニュースをみている、とうとう東京でも
変異株が見つかったか!と大変怖いニュースが
飛び込んできましたね。

しかも、10歳未満の女の子で渡航歴もないとの
事で先日の静岡で変異株が発見されたのと
同じケースであるように思います。

厚生労働省によりますと、東京都に住む10歳未満の女児から
イギリスで見つかった変異株が確認されました。
イギリスの滞在歴はないということです。
女児は、今月19日に感染が確認され症状はなく、
21日から都内の医療機関に入院しているということです。
女児は、既に感染が確認されている40代の男性の濃厚接触者で、
この男性もイギリスの滞在歴はないということです。
(引用元:Yahoo!ニュースより)

今回、東京のどこで変異株が確認されたのか?
非常に気になったので調べてみました。

検索した結果、変異株が確認された詳細な
場所などの情報は見当たりませんでした。

個人的な意見ですが、詳細な場所などを
公表してしまうと、のちに感染者に対しての
誹謗中傷などがあったり、人権的な点からも
控えたのではないかと思います。

年末からコロナウィルス感染者の増加の
ニュースを見ていて思うのですが、いつ何時
感染してもおかしくない状況だと思います。

個々の感染対策が非常に重要なのではないかと
思います。

感染経路(ルート)と市中感染の可能性は?

東京で新たに発見された変異株ウィルスは
渡航歴のない10歳未満の女の子からでした。

女の子が感染した経路(ルート)ですが、

40代の男性からの感染でした。
(濃厚接触者)

しかも、2人も渡航歴はありません。

とういう事は、ある意味感染経路不明
いう事になりそうな気がします。

ましてや、市中感染の可能性が強い
のではないかと思います。

静岡の件でもそうですが、徹底的な
原因調査をおこなって、結果を隠さずに
全て明らかにしてもらいたいものですね。

でないと、政府のコロナ対策に対する
不信感が増すばかりだと思います。

【2021年1月25日 追記】
10歳の女の子の濃厚接触者である40歳の男性が
変異株に感染していました。
いかにして市中感染しないか、自己防衛が
改めて必要だと思いました。

個人で行うには、マスク・手洗い、不要不急の
外出はしないなどしっかりと感染対策を
したいと思います。

変異株に対する感染防止策について

今調べている首都圏の検体ウィルスは、恐らく
3週間前のものであると想定されます。
(2021年1月22日現在)

という事は年末にイギリスからの渡航者が
入国したと思います。

今となっては、都内においても相当数な
変異種が入り込んでいると思います。

なので、個々において今まで以上の感染防止策が
必要なのではないでしょうか?

感染防止対策

・人との接触を極力避ける。
・会食を行わない。
・帰宅後に手洗い、うがいを徹底する。
・人との会話時は、必ずマスクをする。
・やたらに指で目を掻いたり、鼻を触ったりしない。
・不要不急の外出を控える。

といった基本的な感染防止対策を
今一度見直して、徹底するしかないかと
思います。

最近のニュースで紹介されていた
マスクと飛沫量の実験結果を
掲載しておきます。

マスクなし 不織布マスク ウレタンマスク 布マスク
吐き出し飛沫量
100% 約20% 約50% 18%〜34%
吸い込み飛沫量
100% 約30% 60%〜70% 55%〜65%

実験結果によると、不織布マスクがウレタンや布
マスクより飛沫が飛ばない点などで効果があるとの
結果になりました。

メディアでの有識者が言ってますが、不織布マスクの
効果は認めつつも、個人の状況などによって、ウレタンや
布マスクを使用する事もあるのではないかとの見解を
示しています。

なので、状況によってマスクを使い分ける事も
必要なのではないかと思います。

まとめ

今回は、東京で発見された変異株はどこなのか?
市中感染の可能性と感染防止策について
まとめてみました。

変異株が東京のどこで発見されたかは
確認できませんでした。

また、変異株の感染経路は不明のようで
市中感染の可能性がもっとも高いのでは
ないかと思います。

変異株が発見されて怖い面もありますが
基本的な感染防止策をおこなって
感染しない、感染させないを徹底する
事が必要であると思います。

最後までお読みいただきまして
ありがとうございました。

-コロナウィルス

© 2021 アラフィフパパの日常呟き日記♪ Powered by AFFINGER5