今村翔吾の大学や経歴!父母や結婚(嫁子供)など家族情報まとめ!

第166回直木賞に今村翔吾さんの作品
「塞王の盾」が受賞しました。
3回目の挑戦で受賞したこともあって
今村さんも感無量だったようです。

今回は、今村さんの経歴などについて
まとめてみようと思います。

▼この記事でわかる事▼
・今村翔吾さんの大学など学歴
・今村翔吾さんの父母について
・今村翔吾さんの結婚や嫁子供について

目次

今村翔吾のプロフィール

(引用元:インスタグラムより)

3度目のノミネートで念願の直木賞受賞となって
嬉しいかぎりだと思います。

Nスタでのインタビューも涙溢れながらでした
からよっぽどだったと思います。

まずが、今村翔吾さんのプロフィールを簡単
ですが、紹介してみようと思います。

氏名今村翔吾
生年月日1984年6月18日
出身地京都府木津川市
職業小説家
趣味読書
特技楽器を弾く事
代表作羽州ぼろ鳶組
主な受賞履歴伊豆文学賞(2016年)
笹沢左保賞(2016年)
角川春樹小説賞(2018年)
吉川英治文学新人賞(2020年)
山田風太郎賞(2020年)
吉川英治文庫賞(2021年)
直木三十五賞(2022年)

Nスタを見ている時に、このコメンテーター
何者なんだ?といつも思っていたのですが、
歴史小説家だったんですね。
数々の受賞履歴もあって、凄い方だったとは
思いもしませんでした。

今村さんの経歴を見てみますと、いろんな経歴が
あって、個性豊かな方なのかな?という
印象を受けました。

  • ダンスインストラクター
  • 作曲家
  • 埋蔵文化財調査員
  • 小説か

と、経歴も独特ですよね。

本人曰く、”波乱万丈”だそうです。

また、Nスタなどでコメンテーターとして
活躍もしていますが、
”なんやこのおもろいおっちゃん!”とも
思っていました。

小説家としてデビューしたのは、
2017年、「火喰鳥」でデビューしました。
この作品は、のちに啓文堂書店時代小説文庫対象を
受賞しました。

代表作である「羽州ぼろ鳶組」は、重版になる
ほどの人気作品でもあります。

多くの賞を受賞してはいましたが、
直木賞を受賞して、ネームバリューも
今までとは違ってくるのではないでしょうか?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

火喰鳥 羽州ぼろ鳶組 [ 今村 翔吾 ]
価格:814円(税込、送料無料) (2022/1/20時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

塞王の楯 [ 今村 翔吾 ]
価格:2200円(税込、送料無料) (2022/1/20時点)


今村翔吾の出身大学はどこ?/

今村翔吾さんの学歴、高校や大学がどこか?
気になる方もいるかと思います。

いろいろネットなど検索して見ましたが、
そのような情報は見当たりませんでした。

可能性としては、父親が天理大学出身なので、
同じ大学に通っていた可能性があるかも
しれません(あくまでも個人的な見解です)

大学の時には、軽音楽部に所属していたそうです。
特技に、”楽器を弾くこと”とインタビューで回答
もしておりました。

幼少な頃から父親の影響を受けて様々な
楽器を手にしたり作曲を手がけたりしてた
ようです。

楽器の経歴は?といいますと
・9歳からドラムを始める
・14歳からギターを始める
・16歳からダンスチームの曲作りをする

と多彩な才能を発揮していたようです。

今村さんの学歴に関する詳細な情報は
ひょっとしたら非公開なのかもしれないですね。

仮に判明する事がありましたら、追記して
いきたいと思います。

今村翔吾の父母について

今村翔吾さんのご両親について、調べて
いろいろ調べてみました。

母親についての情報は見当たりませんでした。
一般の方だと思いますので、非公表の可能性大
だと思います。

父親は、今村克彦氏
こちらがその父親になります。
何気に渋くてかっこいい方ですね。

(引用元:インスタグラムより)

現在は、株式会社「Office REY」の代表であり、
作家、ミュージシャンであります。

「教育」「子育て」「青少年育成」をメインに
講演活動を行なっています。
元教師でもあったので、その経験を活かした
講演活動を行なっているのかもしれません。

創作ダンス集団「関西京都今村組」を率いて
ダンスを教えるなどの活動もしていたそうです。

今村翔吾さんの過去の経歴にダンスインストラクター
とあったのは、実家であるダンススクールを受け継いで
教えていたからのようです。

今村翔吾の結婚や嫁子供について

今村翔吾さんは結婚してるか?
奥様やお子さんはいらっしゃるか?気になった
ので調べてみました。

結婚については、約10年前の2012年に
結婚されています。

奥様の名前は、美月さん

とても素敵な名前の女性ですが、美人な
奥様との噂もあるようです。

馴れ初めは、実家であるダンススクールの
”今村組”のメンバーだったそうです。

ある意味、職場結婚になるんですかね??(^ ^)

お子さんについて調べてみましたが、
詳細な情報は見当たりませんでした。

なので、現在は奥様との二人家族なのかも
してないですね。

まとめ

今回は、第166回直木賞作家となった今村翔吾
さんを取り上げてみました。

・出身大学は非公開だが、軽音楽部に入部
・父親はダンススクール主催でミュージシャンの
 今村克彦氏
・2012年に結婚し、奥様の名前は”美月さん”
・お子さんがいるかどうかは不明

3回のノミネートで夢であった「直木賞受賞」
となったわけですが、本人は感無量だったのでは
ないかと思います。

機会があったら読んでみようかと思います
最後までお読みいただきましてありがとう
ございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次