スポーツ

畔柳亨丞の出身小学校・中学校はどこ?球速・球種など特徴と評価が気になる!

スポンサーリンク

2021年春の選抜甲子園大会の時期がやってきました。

そして、選抜大会に出場する32校が発表され
なかでも優勝候補でもある中京大中高の
畔柳投手が注目されています。

今回は、畔柳投手の

・出身小学と中学校はどこ?
・野球の経歴は?
・球速や球種など投手としての実績は?

と気になる点をまとめてみました。

畔柳亨丞投手の小学校・中学校などプロフィール


(引用元:Twitterより)
畔柳亨丞投手は、中京大中京高校の
超高校級右腕と言われている投手です。

2021年のドラフト候補でもあり
選抜大会でも注目されることでしょう。

そんな畔柳投手の小学校や中学校など
プロフィールを簡単に紹介しておきましょう。

名前 畔柳亨丞(くろやなぎきょうすけ)
生年月日 2003年5月3日
出身地 愛知県豊田市
身長/体重 177㎝ 80kg
出身小学校 不明
出身中学校 豊田市立竜神中学校
ポジション 投手
投打 右投げ 右打ち

畔柳投手の出身小学校を調べてみましたが
詳細な情報は判明しませんでした。

出身が豊田市でありますから、おそらく
豊田市の小学校に通っていたと思われます。

野球の経歴について

畔柳投手は、小学校1年の時に豊田リトルという
チームで野球をはじめました。

野球をはじめたきっかけは、

”2009年夏の甲子園で中京大中京と日本文理の試合を見て”

との事です。

中学校時代は、SASUKE名古屋ヤングという
チームでプレーしています。

また、U-15にも選抜され中3の夏にW杯に
出場もしています。

その後、中京大中京高校に進学し、
1年の夏にベンチ入りを果たしています。

ベンチ入り後、早くから頭角を表してきたの
ですが、1年秋頃に右肘を痛めて戦線離脱します。

しかしながら、翌年には復帰を果たしています。

2021年の選抜大会では、注目される右腕の
一人といってもいいでしょう。

畔柳投手の球速・球種について

畔柳投手は、超高校級右腕としてドラフト候補の
筆頭としてもあげられています。

彼が注目されている点の一つは、球速に
あるのではないでしょうか?

中京大中京でベンチ入りした年の国府高校戦では
最速142キロを計測しました。

右肘を痛めた後の復活戦では、大台である150キロを
計測し、現在は最速151キロの直球を持つ本格派
右腕と言われています。

球種としては、ストレートを中心にして、
カーブ・スライダー・チェンジアップを
織り交ぜるなど投球に幅を持たせる投手と
いってもいいでしょう。

球種 球速
ストレート 140〜151キロ
カーブ 108〜113キロ
スライダー 123〜126キロ
チェンジアップ 120〜122キロ

プロ野球球団スカウトの評価は?

2021年のドラフト候補でもある畔柳投手
ですが、プロ野球球団スカウトの評価も
気になるところです。

2020年の大会視察での評価になりますが

評価

・コースにしっかり投げられており、球が走ってもおり変化球もよい
・しっかりと腕を振って投げられているので、今後も楽しみ

と概ね好評のようです。

しかしながら、右肘の怪我やコロナ禍の影響も
あってか、実績が乏しい印象もいなめません。

思うように実践練習など出来ない部分も
あったと思いますが、しっかりと身体を
鍛えてくれば、それなりの成績は残せる
のではないでしょうか?

まとめ

今回は、中京大中京高校の畔柳投手を
ピックアップしました。

彼の出身小学校や中学校などプロフィールを
まとめてみました。

また、球速や球種など投手としての
特徴やスカウト評など紹介しました。

2021年度のドラフト候補でもあり
今後の活躍が楽しみであり注目
していきたいと思います。

最後までお読みいただきまして
ありがとうございました。

-スポーツ

© 2021 アラフィフパパの日常呟き日記♪ Powered by AFFINGER5