人物

中山義隆石垣市長の妻(嫁)や年収が気になる!出身高校や大学はどこ?

スポンサーリンク

中山義隆石垣市長がYahoo!ニュースで話題になっています。

中山義隆石垣市長はどんな人なのでしょうか?

そこで今回は

・中山義隆石垣市長の年収は?
・妻(嫁)など家族構成は?
・出身高校や大学はどこ?

とプロフを交えて紹介してみようと思います。

中山義隆石垣市長の年収は?

中山義隆石垣市長の年収が気になったので、いろいろ
調べてみました。

直近の年収などは、検索されてこなかったのですが
2015年度の年収について調べる事ができました。

2015年度の年収になりますが、

・月収 81万円 で全国順位ですと668位になります。

これをもとに計算しますと、
81万円X12ヶ月=972万円

仮にボーナスを4ヶ月分としますと、324万円

972万円+324万円=1296万円 約1300万円 となります。

それから5年経過していますから、約1500万円前後に
なっているのではないでしょうか?
(個人的な推測ですが・・)

参考ですが、2015年当時の職員の平均月収は、
約33万円でした。

結婚した妻(嫁)など家族構成は?

中山義隆石垣市長は、ちょっとイケメンな
感じの方のようですね。

結婚しているかどうか?お子さんはいるのか?
家族構成などについて調べてみました。

奥様は、愛知県春日部市出身の一般の方
でお綺麗な方のようです。

お子さんはいるのかな?と調べてみましたが
詳細な情報は検索されてきませんでした。

ひょっとしたら、お子さんはいないで
奥様と二人のご家族なのかもしれません。

出身高校や大学はどこ?

中山氏の出身高校ですが、地元の八重山高等学校
卒業しています。

主な卒業生に、石垣市長や沖縄県知事を
務めた方もいらっしゃいます。

また、BEGINも卒業生だったようです。

出身大学は、近畿大学商経学部 経営学科

商経学部は、あまり聞きなれない学部で
ありますが、商学・経営学・経済学・会計学・
および産業学・貿易額を中心に学ぶ学部です。

近畿大学は、大阪専門学校と大阪理工科大学を
母体として昭和24年に設立された総合大学です。

学部も多く、関西方面にキャンパスも多数
あるようです。

中山義隆のプロフィール


(引用元:Twitterより)

中山氏の出身高校や大学など紹介して
きましたが、改めてプロフィールを
紹介しておきます。

氏名 中山義隆
出身地 琉球政府石垣市登野城
生年月日 1967年6月26日(53歳) 2021年1月現在
現職 石垣市長(在任期間:2010年3月20日〜

中山氏は、大学卒業後野村証券に入社し
1966年まで勤務しました。

その後、地元に帰り青年会議所理事長に就任
するなど地元貢献に活躍していました。

2006年に石垣市議選に出馬し当選します。
2009年11月に石垣市議を辞職し、2010年の
石垣市長選で当選をします。

その後、3度市長選に当選し、現在3期市長を
務めています。

彼の出身地である、琉球政府が聞きなれなかった
ので、調べてみました。

琉球政府は、1952年〜1972年まで沖縄本当に
存在した統治機構の名称になります。

1972年に沖縄返還された時に消失しました。

アメリカ軍の統治下にあったので、そのような
管轄が行われていたのでしょうね。

まとめ

今回は、石垣市長である中山義隆氏を
紹介しました。

・奥様は、一般の方でお二人の家族構成かも
・出身高校は、沖縄県立八重山高等学校
・出身大学は、近畿大学
・市長の年収は、推測で約1500万円前後ではないか

といった内容になります。

今回、自粛をお願いする立場でありながら会食を
していた事で問題視されています。

政治家として襟を正して、市民に信用される
市長であって欲しいですね。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

-人物

© 2021 アラフィフパパの日常呟き日記♪ Powered by AFFINGER5