映画

新解釈三国志のあらすじと感想・ネタバレ!広瀬すずの登場シーンはどこ?

スポンサーリンク

2020年12月11日(金)から新解釈三国志が

上映されています。

上映前の映画宣伝やテレビでの大泉洋さんなど

出演キャストの宣伝を見ていて、絶対に見たい

映画の一つでありました。

ようやく、映画を見る事が出来ましたので

感想などをまとめてみたいと思います。

新解釈三国志について


(引用元:YouTube公式チャネルより)

すでにご存知の方も多いかと思いますが、

この映画は数々のコメディ作品を手がける

福田雄一が脚本・監督を務め、三国志を

福田雄一氏のバラエティ視点で新解釈した

ストーリーです。

三国志といえば、壮大な物語でありますよね

この映画では、過去にもレッドクリフで

映画化された”赤壁の戦い”が描かれています。

この映画のあらすじを簡単に紹介しておきますと

西田敏行が、「三國志」の新解釈を講義する歴史学者・蘇我宗光役を演じ
実は三国志に新たな視点での解釈が存在した・・という所から始まります。

今から1800年前、中国大陸では中華統一をめぐって「魏」「蜀」「呉」の
三国が群雄割拠していた。民の平穏を願う武将・劉備が立ち上がり、
やがて魏軍80万と蜀・呉連合軍3万という、圧倒的兵力差が激突する「赤壁の戦い」
が巻き起こりました。
(引用元:映画感想レビューサイトより引用)

と、ストーリを中心に、福田監督が大泉洋、橋下さとし、
高橋努、小栗旬、ムロツヨシ、賀来健人など福田組の
豪華俳優陣がテンポよい会話で繰り広げられる
まさに喜劇といってもよいかと思います。

新解釈三国志の感想

映画を見た感想は、個人的には面白かったと

思います。

三国志って、難しい話しだしちょっと・・と

思うかもしれませんが、この映画はそういった

思い込みを捨てて、完全にバラエティ映画と

思っていくとよいです。

出演キャストも豪華ですし、小栗旬や

山田孝之、城田優にそんな演技させていいのか?

と思ったくらいです。

映画の評価については個人差があるかもしれませんが

個人的には面白い作品であったと思います。

広瀬すずの役名と出演シーンはどこ?

映画「新解釈三国志」の公式HPには、広瀬すずさんの

名前は出ていませんでした。

突然、出演してきたので、驚いてしまいました。

まさにシークレットキャストといっても

いいでしょう。

広瀬すずさんの役名はといいますと・・・

”貂蝉”という女性です。

公式HPでは、渡辺直美さんの名前になって

いましたが、実は・・って感じですね。

まさかあんな登場のしかたがあったなんてと

同時に登場シーンは約5分くらい??

広瀬すずの無駄使いって言われても

仕方ないでしょうね。(笑)


(引用元:Twitterより)

広瀬すずさんの登場シーンは、前半から中盤に

かけてくらいでしょうか。

劉備は董卓をどうしても討ち取りたいために

貂蝉を刺客として送り込む策略をするのですが

その下りで広瀬すずさんが登場します。

登場した時は、可愛かったですね。

広瀬すずさんの登場シーンは劇場で!

まとめ

今回は、新解釈三国志の感想と

広瀬すずさんのキャストについて

紹介しました。

個人的には、面白い作品であり約2時間の

上映時間もあっという間でした。

福田組キャストに加えて、大泉洋や

小栗旬、山田孝之、城田優など豪華

俳優陣の出演で贅沢でした。

広瀬すずさんがシークレットキャストで

出演しているとは驚きました。

彼女の役名は、貂蝉で登場シーンもびっくり

しました。

コロナの影響で巣篭もり状態ですが、感染対策を

して気分転換に映画館に足を運ぶのもいいのでは

ないでしょうか?

最後まで御読みいただきましてありがとうございました。

-映画

© 2021 アラフィフパパの日常呟き日記♪ Powered by AFFINGER5