スマホ乗り換えのチェック項目を解説!大手・格安各社の料金比較まとめ!

先日、NTTドコモから新料金プランである

ahamo(アハモ)が発表されました。

その内容が判明すると、検討する方も

多いのではないでしょうか?

その時に料金面など悩まれる人も

多いかと思います。

そこで、この記事では悩みを解決すべく

乗り換え時に検討する項目や

大手・確約各社の料金比較など解説

していきたいと思います。

目次

スマホ乗り換え時のチェックポイント

先日、NTTドコモから発表されたプランである

ahamo(アハモ)

若者をターゲットにしたプラン内容は衝撃でした

データ通信量20GB 2980円

おまけに1回5分間無料通話が付いているので

お得と感じる人が多いかと思います。

スマホを乗り換える時には、まずは次の2点を

検討するのがいいかと思います。

【スマホ乗り換え時のポイント】
1.データ通信と音声通信プランを決める
2.月に利用するデータ通信量を決める

データ通信と音声通話プラン

スマホには、音声通話付きプランとデータ通信専用
プランがあります。

音声通話付きプランは、従来のスマホの
契約プランであるかと思います。

au・NTTドコモ・Softbankなどで
従来の契約で機種変などする場合は
このプランを選択するかと思います。

また、格安SIMで使用頻度によって
契約するプランがあります。
「5分・10分間プラン」
「月額60分間かけ放題」

といったプランが相当します。

データ通信専用は、iPadなどで
データ通信のみに使用するプランです
従って音声通話は利用できません。

スマホの新規・乗り換えなどする時には
どのような使い方をするか検討して
選択するとよいでしょう。

月に利用するデータ通信量を決める

スマホを利用している人は、自分が月に
どれくらいのデータ通信量を使用しているか?

具体的に把握している人は少ないのでは
ないでしょうか?

データ使用量は自分の契約しているキャリアの
HPやスマホ本体で調べることができます。

今年2月の平均データ使用量は、約7GB

この数字は、あくまでも調査結果ですので
個人での把握はしておいた方がいいでしょう。

ゲームや動画などは、自宅のWiFiのみで
行った場合で、約2〜3GB

使用頻度は個人差がありますが、この程度の
データ通信使用量なら、現状維持でもいいかな?
といった選択もありかと思います。

月のデータ通信量が少ない場合は、格安SIMの
方が割安になるケースもあります。

そういった意味でも月のデータ使用量を
把握しておけば、選択できるプランも
増えるかと思います。

データ通信量の目安をあげておきます。

 利用用途 データ通信量目安
 メールの確認やLINEの連絡程度 〜1GB
 SNSやアプリゲームを日常的に行う程度 3〜7GB
 YouTubeやオンラインゲームを頻繁に楽しむ 10GB以上

スマホ使用パターンによるチェックポイント

現在は、音声通話もLINEやかけ放題などの
プランがあるので、スマホを使用する
シチュエーションによっては、割安に
なるケースがあるかと思います。

実家や友人によく電話をかける

実家や友人に頻繁に電話をかけると
いった場合は、LINEモバイルの
無料通話で十分だと思います。

相手もLINEアカウントがあるのが
条件になりますが、容量など気に
しないで利用できると思います。

相手が親などでLINEに不慣れで
あれば、インストールをしてあげて
使い方を教えてあげれば大丈夫かと
思います。

ある程度の通話時間を要する場合

まずは、平均的な利用する通話時間を
把握した方がよいでしょう。

その通話時間によって、どのプランを
選択するか決めるとよいでしょう。

音声通話の選択プラン

・通話時間が10分程度である場合は、1回10分の通話無料プラン
・1回10分を超える場合は、楽天
・アハモにかけ放題1000円をプラスする
・1回の通話が長い人は、格安スマホに用意されているパックプラン

一例をあげてみましたが、各社プランを用意してますので
自分の1ヶ月の通話時間を試算して検討するのがよいでしょう。

YouTubeや動画など容量を気にしないで楽しむ場合

多くの家庭には、WiFiが常設されているかと
思いますので、自宅で利用する分には気に
せず利用ができます。

しかし、外出した時に容量を気にしないで
スマホを利用したいといった場合は、
BIGLOBEやOCNに通信量がカウントしない
オプションがあります。

BIGLOBEのエンタメフリーは、月額480円で
YouTubeやabemaTVなどが利用できるので
割高なプランを利用している人は
乗り換えたほうがいいのではないでしょうか?

大手格安プランの料金比較一覧

音声プラン料金の比較一覧

参考程度ではありますが、人気の音声通話
プランを掲載します。(参考程度に)

キャリアBIGLOBEモバイルmineoLINEモバイルイオンモバイルOCNモバイルONE
3GBプラン1600 円1460円〜1480円1580円(4GB)1480円
6GBプラン2150円2090円〜2200円1980円1980円
アプリ通話9円/30秒10円/30秒無料10円/30秒10円/30秒
通話オプション10分かけ放題830円10分かけ放題850円10分かけ放題850円10分かけ放題850円
その他オプションエンタメフリー480円容量追加100MB/150円〜SNSフリー 280円
音楽フリー 480円
容量追加1GB/480円050発信 8円/3分

(引用元:oricoon MEより)

データ通信プランの料金比較一覧

参考ですが、データ通信プランの
料金比較一覧を掲載しておきます。

キャリアNTTドコモ楽天モバイルUQmobileY!mobile
プランahamo(アハモ)UN-LIMIT VスマホプランVシンプル20
料金2980円2980円3980円4480円
データ容量20GB無制限(パートナー回線は5GB)20GB20GB
低速時速度1MB1MB(パートナー回線)1MB1MB
容量追加1GB/500円100MB/200円〜0.5GB 500円
音声通話1回5分以内無料アプリを使えば無料20円/30秒1回10以内は無料
通話オプションかけ放題1000円1回10分かけ放題700円
かけ放題1700円
かけ放題1000円

(引用元:oricoon MEより)

まとめ

今回は、ahamo発表によって注目された
大手・格安スマホに乗り換える場合の
チェックポイントなどピックアップしました。

まずは、自分の月の使用量を把握して
置くことが大事になります。

把握した使用頻度をもとに各社の
料金プランで検討するのがよいでしょう。

ahamo が注目されていますが、個々の
使い方によって選択するプランが
変わったくるのではないでしょうか。

最後までお読みいただきまして
ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次