スーツ規定違反とは何?高梨沙羅の失格理由と規定ルールを徹底調査!

2022年北京オリンピック新種目である
スキージャンプ混合団体で高梨沙羅選手が
スーツ規定違反で失格となってしまいました。

個人的には、はじめて聞いた規定ルールですが
一体彼女に何が起こってしまったのでしょうか?

高梨沙羅選手の失格理由や規定ルールについて
調査してみました。

目次

高梨沙羅選手の失格理由とは?

2022年、北京オリンピックのスキージャンプ
混合団体競技の初回ジャンプでスーツ規定
違反となってしまいました。

ん? スーツ規定違反って何?と一瞬思考が
停止してしまいました。

スーツ規定違反について、調べてみますと
以下のような規定ルールがあるそうです。

国際スキー連盟(FIS)の規則では「直立姿勢で、スーツ寸法はボディーと一致しなければならず、最大許容差はスーツのあらゆる部分において、ボディーに対しプラス1センチ~3センチ(女子は同2センチ~4センチ)とする」

(引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/893ee9ea9ef860f4b0fe15683651cc6899a1340d)

この他にも細かくスーツの規定があるようです。

・スーツの生地の厚みが5ミリ以下
・素材表面のコーティング禁止
・ジッパーの幅は10ミリ以下
・身体とスーツのゆとりはわきの下、股下すべてに
おいて6ミリ以下・・

と厳しく規定があるみたいですね。

要は、選手は大きめのスーツを着て飛ぶ事は
禁止されているという事です。

体重などの身体的な面のルールはあるのかな?と
思っていましたが、スーツにまで細かなルールが
あるとは思ってもみませんでした。

今回のスキージャンプ混合団体競技において
ドイツなど日本以外の4ヶ国に同様な失格が
出ており、波乱な大会になりました。

高梨沙羅選手の2回目のジャンプを見た後に
泣き崩れた姿を見て、見ているこちらも
涙が出てきそうになりました。

北京オリンピックでの高梨沙羅選手のジャンプを
見ていて今回はなんだか、ついてないのかな?と
さえ思ってしまいました。

高梨沙羅選手のメンタルは大丈夫?

一夜明けたニュースでは、失格後の2本目の
ジャンプでK 点越えのジャンプをするのって
凄い!と伝えられてました。

素人が見ていても彼女はさすが世界の
高梨沙羅と思ったほどでした。

しかしながら、ジャンプのミスを一人で
背負ってひたすら謝っているインスタの投稿を
見て、大丈夫?と心配になってしまいました。

今はゆっくり休ませてあげたいですね
そして1日も早く帰国してメンタルケアを
受けてもらいたいです。

このまま一人で背負いこんで、「引退」と
早急な判断をしかねないかもしれません。

今、今後のことは考える必要もないし、
ゆっくりと休んで気持ちを切り替えることが
大事なのかな?と思います。

また、彼女の笑顔が見れるといいですね。

スキージャンプのスーツ規定ルールとは?

高梨沙羅選手のスーツ違反ですが、コーチ曰く
「太ももが2センチずつ大きかった・・」とコメント

競技に出る前に再度、測定できなかったのか?と
非常に悔やまれてしまいます。

高梨沙羅選手は、過去に出場したワールドカップ
でもスーツ規定違反で失格の経験があったそうです。

今回、北京オリンピックで注目された
スーツ規定違反ですが、そのガイドラインの
資料がありましたので掲載しておきます。

スキージャンプ用具の測定に関するガイドライン

(2020年度版)

専門的すぎて素人にはよくわかりませんが
身体的な面からスーツ、グローブなど
用具について細かに決められています。

過去にスキー板によっては飛距離を伸ばすとか
話題になったような気がしますが、スーツも
その要因になっていたのかもしれないですね。

スポーツの世界においては、用具が選手の記録に
おおいに関係するのは当然になってきています。

マラソンで言えば、シューズが該当しますね。

ジャンプにおいてこれほど細かい規定ルールが
あるのでは、開発メーカーもそれなりに神経質に
なって製品開発をするのは並大抵でない努力が
あるのではないかと思います。

今回は、ジャンプ競技をした後に規定ルール違反が
発覚したようですが、せめて競技前に測定するなり
して、違反を未然に防ぐって事はできなかったの
だろうか?と思うと非常に悔やまれますね。

スーツ規定違反の世間の反応は?

スキージャンプ混合団体競技は、最終的に4位で
終わりましたが、8位からそこまで盛り返したのは
立派だと思います。

高梨選手も違反後の2本目のジャンプも
よく飛んだと思います。改めて感銘しました。

SNSでの反応をいくつか掲載してみました。

(出典元:Twitterより)

と、様々な意見もあるかと思いますが、
いきなり失格ではなく、減点方式とかには
出来ないのでしょうか?

ルールの改定など検討してもらいたいぐらい
ですね。

最後に

今回は、高梨沙羅選手のスーツ規定違反ついて
取り上げてみました。

どのスポーツにおいても細かな規定ルールが
あるかと思いますが、競技前に最低でもチェック
できる体勢ができているといいですね。

またいきなり失格ではなく減点方式などに
出来ないのか?など採点方法の再考などして
もらえたら・・・と思ってしまいました。

決して、陰謀論や利権絡みなどあっては
欲しくないですね。

最後までお読みいただきましてありがとう
ございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次