台風15号2022のヨーロッパ&米軍の最新進路予想!飛行機や新幹線への影響は?

2022年秋のお彼岸の3連休!

また、日本列島に台風になりそうな熱帯低気圧が
日本列島に近づいています。

9月22日(木)の3時に、台風15号のたまごが
24時間以内に発達する見込みだそうです。

9月に入って毎週土日は、台風か大雨で台無しです。

今回も台風15号に発達するのか気になります。

というわけで、今回の記事では、台風15号の
進路予想や飛行機•新幹線への影響などについて
みていきたいと思います。

というわけで、今回の記事では

・台風15号のヨーロッパ/米軍の進路予想
・台風15号の新幹線/飛行機などの交通機関への影響

といった内容で紹介してみようと思います。

目次

台風15号(2022)の進路予想

今年は、台風が多いなぁ〜と感じる人も
多いのではないでしょうか?

2022年は、8月後半から毎週のように台風が
日本列島に上陸するなど影響を与えています。

そして、日本列島の南には、「台風15号のたまご」の
熱帯低気圧があり、東海•関東地方に大雨をもたらすと
言われています。

こちらが、2022年9月22日直近の台風に発達した
場合の進路予想です。

(出典元:Twitterより)

現在の進路予想はこのようになっていますが、
24日〜25日にかけて、東海近畿から関東を横断する
予想になっていますね。

2023年9月23日(金)には、台風15号になる見込み
です。

上記の進路予想では、24日(土)に紀伊半島に進んで
25日(日)には、関東沿岸を進んでいく可能性が
予想されています。

今回も大雨の予報が出ていますので、早め早めの
対策をしておいたほうがいいかと思います。

【台風15号たまごの9月22日21時の状況】

進行方向、速さ北北西25km/h(14 kt)
中心気圧1004hPa
中心付近の最大風速15m/s(30 kt)
最大瞬間風速23 m/s(45 kt)

ヨーロッパ&米軍による台風15号進路予想

台風が発生すると必ず話題になるのが、ヨーロッパと
米軍の台風進路予想。

ここでは、ヨーロッパと米軍の台風進路予想を
比較してみてみましょう!

ヨーロッパ中期予報センターによる台風進路予想

ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)は、ヨーロッパの
予報サイトです。

特徴としては、
・最大10日先の気象予報が可能
・台風発生前から台風の進路予想が可能

といった点でしょうか。

こちらが、ヨーロッパ中期予報センターの
画像になります。

米軍合同台風警戒センターによる台風進路予想

台風の進路予想を検索する時に必ず検索されるのが

”米軍合同台風警戒センター(JTWC)”

ここは、アメリカ国防総省の機関でアメリカ軍の
為の気象情報機関ですが、一般の人もアクセスが
可能です。

図の見方

・黄色丸 (24時間の発達は考えにくい)
・オレンジ丸(発達しても24時間以上かかる)
・赤丸(24時間以内に発達します)
・赤矢印(熱帯低気圧•台風)
・水色丸は熱帯低気圧と温帯低気圧の中間的な性質

ここで、注目するのは赤矢印の動きになりますね

気象庁とJWTCでの台風の定義に若干違いがあります。

それは、平均風速です。

日本は10分平均、米軍は1分平均ですので
台風と認識される個数に差が生じてきます。

台風15号(2022)による新幹線•飛行機への影響

台風が日本付近を通過すると様々な影響を
及ぼします。

特に、新幹線や飛行機など交通機関への
影響(欠航)など多くなります。

先日の台風14号のような大型の台風が
通過する予報が出ている場合は計画運休や
欠航が早々に決定されます。

今回はまだそこまでの影響は出ていませんが
外出する時には、事前に交通機関などの
チェックをしておきましょう!

新幹線の影響は?

現在の熱帯低気圧が台風15号になった場合
紀伊半島から関東にかけけての進む可能性があります。

その場合、東海道新幹線や東北/北海道新幹線など
遅延などの影響が出る可能性があります。

こちらが新幹線の運行状況のサイトになりますので
事前にチェックするとよいでしょう。

停電による影響

台風や大雨などの災害の時は気になるのが
停電です。

いつ何時どうなるかわかりませんので、
事前にスマホの充電やバッテリーを準備
しておくといいでしょう。

また、ポータブル電源の大容量バッテリーが
あると非常用電源として活躍するでしょう。

これ一台あるだけで、災害後など重宝すると
思います。

また、非常用に水なども備蓄しておくといいですね。

全国河川のライブカメラ映像!

ここ数年では、温暖化の影響もあって線状降水帯が
発生しやすく、局地的な大雨をもたらす傾向にあります。

その為、河川の氾濫や土砂災害を多く見受けます。

各自治体の避難警報をまつのではなく、常に
河川の氾濫情報などチェックしておくといいでしょう。

その為には、ご自宅の近くに河川などありましたら
こちらのライブ映像などで水位、現在の状況や
最新情報を確認しておくといいでしょう。

また、TwitterなどのSNSもチェックしておくと
いいかもしれません。

まとめ

今回は、台風15号の進路予想と飛行機/新幹線など
交通機関への影響を簡単にまとめました。

2022年9月23日には、台風15号になると
予想されています。

大雨をもたらすとも言われていますので、
台風の情報などは早めに入手し、避難など
早め早めの対策をするといいでしょう。

台風になると、必ず交通機関への影響も
出てきます。

不要な外出は避けるのが一番ですが、
どうしても避けられない場合は、
事前に利用する交通機関の運行状況など
チェックするといいでしょう。

また、河川や土砂災害なども気になりますね。

災害はいつ起こるかわかりませんので、日頃から
事前準備などしておくといいかもしれないですね。

災害時の避難場所なども確認しておくといいでしょう。

最後までお読みいただきまして
ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次