かほの登山日記の年収•収入はいくら?年齢•本名などプロフィール!

  • URLをコピーしました!

「かほの登山日記」という登山系YouTubeチャンネルを
知ってますでしょうか?

ショートヘアーが似合う可愛い感じの登山好きな
女性の”かほさん”が運営しているチャンネルです。

登山初心者からベテランまで登山を楽しんで
もらえる動画を投稿しています。

登山を体験していない人でも動画を視聴したら
嵌ってしまうかもしれません。

今回は、チャンネル運営者である”かほ”さんに
ついていろいろ紹介してみようと思います。

▼この記事でわかること▼
・かほさんの年収・収入について
・かほさんの本名や年齢などプロフィール

(本ページの情報は2022年5月22日時点のものです)

目次

かほの登山日記について

”かほの登山日記”は、可愛い感じのかほさんが
登山を通して、素敵な景色を視聴者に見せて
くれます。

日本の山から海外の山まで、多くの山を
制覇しています。

最近では、実費でオーストラリアのコジオスコ山に
登ったそうです。

コジオスコ山登山の動画はこちら

目標に向かって挑戦し、成し遂げる姿は
尊敬してしまいますね。

コロナ禍で大変な時期でもありますが、
今後も登山を通して多くの人に登山の
素晴らしさを伝えてほしいですね。

登山といえば、MARiA麻莉亜さんも登山の
人気YouTuberの一人です。

彼女の登山もドローンを使って絶景を投稿して
いるのですが、その景色は感動してしまいます。

かほさんと登山のスタイルは違うかもしれませんが
登山好きな方、好きでない方でも嵌ってしまうと
思います。

かほの登山日記の収入•年収について

かほの登山日記は、今日現在(2022年5月22日)で
チャンネル登録者数は、約21万人

チャンネル開設日が、2019年10月14日で約2年半
になりますが、21万人を達成するのは凄いですね。

登山初心者からベテランまでの幅広し層で彼女の
動画に嵌っている方が多いのかな?と思います。

かほの登山日記の”かほさん”の年収などについて
調べてみました。

・推定年収:約191万円(チューバータウンより)
・推定年収:約199万円(Tuberchより)

と、各サイトによって計算方法など異なり算出した
結果は違いますが、大体200万円前後?の年収を
得ているのではないでしょうか?

かほの登山日記の収入•年収の構成は、下記のように
なるのでは?と思います。

・YouTubeによる収入
・登山グッズによる収入
・登山体験の寄稿による収入

では、具体的な収入について計算してみました。

YouTubeによる収入について

YouTubeによる収入源については、7種類ほど
あります。

中でもよく言われている収入源が、動画再生時に
表示される広告収入で得る収入です。

YouTubeの7種類の収入源について

YouTube広告収入による年収

参考までに、YouTubeの動画広告収入については
以下のように計算されています。

Youtubeの広告収入について

YouTube広告の収益は、1再生数につき0.05円〜0.1円の単価と言われている。
0.05円の単価とすると、月間200万回の再生で10万円。400万回の再生で20万円となる。
0.1円だと200万回の再生で20万円。
(出典元:https://news.yahoo.co.jp/byline/kandatoshiaki/20190621-00131020 より)

これを参考に、仮に単価を0.1円として
かほの登山日記の1本あたりの収入を
以下の数字で計算してみます。


・1動画あたりの再生回数(チューバータウンより) 10.5万回
・再生数あたりの動画収入 0.1円
・動画投稿回数 1ヶ月平均 9回

10.5万回x9回x0.1円 → 約94500円(1ヶ月当たり)
94500×12 = 約1134000円(年収) 約113万円

過去の投稿動画で人気の再生回数は、約70万回
があったり、50万回、40万回と多く再生されて
いますので、この数字以上の金額になっている
可能性もありますね。
(こちらの数字は、あくまでも参考値でお願いします。)

過去に人気だった動画はこちらになります。

過去の人気動画はこちら

YouTube企業案件による収入

YouTubeの広告収入以外に、企業案件による
収入もあります。

企業がインフルエンサーに商品紹介を依頼する
ケースで発生する報酬です。

企業案件の相場単価は、約1円〜1.5円と
言われています。

”かほの登山日記”について調べてみたのですが
企業案件などについての詳細は見当たり
ませんでした。

YouTubeの運営については、かほさんがどこかの
事務所に所属して運営しているのではなく単独で
行っているようです。

なので、企業案件はよっぽどの事がないかぎり
お声がかからないのでは?と推測しています。

ただ、かほさんが動画の中でスポンサーに
ついてコメントしていたので、今後企業案件
など扱っていく可能性があるかもしれません。

この辺については、判明しましたら追記して
いきたいと思います。

企業案件は、チャンネル登録者数が多ければ
多いほど、莫大な収入になりますので、
今後に期待していきたいですね。

インスタグラムによる収入

インスタグラムによる収入について
みてみましょう。

インスタグラムでの企業案件による1案件の
平均報酬額については、こちらを参考に
してください。

複数企業に取材すると、案件やフォロワー数、

投稿内容によって大きく変わるが、

広告費の相場は「1フォロワー=3〜4円」

「1フォロワー=2~3円」という回答が寄せられた

(引用元:https://www.businessinsider.jp/post-106754 より)

このことから、広告費の相場は、2円〜4円で
換算してみました。

かほさんのフォロワー数は、約5万人です。

インスタグラムによる収入については、不明です。

もし仮にインスタグラムで企業案件を扱って
いた場合、相場で換算しますと、1ヶ月あたり
約10万円〜約20万円

年に換算しますと、約120万円〜約240万円

かほさんは、現在YouTubeを専業で運営して
いますから、企業案件などの声がかかったら
それなりの収入源になりますね。

かほさんの年齢・本名などプロフィール

かほさんの年齢・本名などプロフィールに
ついて調べてみました。

本名について

かほさんは、大学卒業と同時に番組制作の就職して
ADをやっていました。

こちらがその時の一部になります。

(出典元:Twitterより)

かほさんが、YouTubeの自己紹介動画で、番組制作
会社のADをやっていたとコメントしていて、その時
出演した番組が上の投稿画像になります。

この”番組AD松波ちゃん”が、かほさんです。
なので、本名は「松波かほ」さんですね。

ショートヘアーが似合って可愛い感じですよね。

年齢について

以前、彼女がご自身の誕生日をSNSの投稿で
9月15日とコメントしています。
その内容がこちらです。

(出典元:Twitterより)

こちらの投稿が、2020年9月13日で、投稿内容に
”15日に誕生日ライブを・・・”とありますから
誕生日は、9月15日と思われます。

そして、先ほどのアベマの投稿したSNSの投稿日時が、
2017年10月26日で、この時が26歳

この時すでに誕生日が過ぎていますから
かほさんは、1991年生まれとなりますね。

その事から2022年5月現在、彼女は30歳ではないか
と思われます。

経歴について

かほさんは、大学卒業後先ほどの投稿にも
あったように番組制作のADの仕事をしました。

その番組制作会社でADをやっている時に、番組の
企画で登山のロケを行う事になって、その後
登山に嵌っていきます。

仮にAD時代に登山のロケがなかったら、
”かほの登山日記”のYouTubeは存在しなかった
かもしれないですね。

Instagramのプロフィールにもあるように、

番組制作のAD →広告代理店営業→It企業 →YouTuber

というふうに紆余曲折あって、現在に至っています。

現在に至るまでの間、様々な職業を経験したのが
いい経験になっているのではないかと思います。

簡単ですが、彼女のプロフィールをまとめて
みますと、

松波かほさんのプロフィール

・YouTube名:かほ
・本名:松波かほ
・生年月日:1991年9月15日
・年齢:30歳(2021年5月現在)
・出身地:岐阜県
・最終学歴:早稲田大学
・職業:YouTuber

まとめ

今回は、かほの登山日記のかほさんの収入・
年収について調べてみました。

YouTubeの年収を計算してみますと、
1本あたり約113万円

この他に、登山グッズの販売による収入や
登山日記の寄稿文による収入があるかと
思われます。

かほさんは、事務所に所属しておらず
単独でYouTubeを行っています。

彼女のプロフィールですが、
・本名:松波かほさん
・年齢は30歳(2022年5月現在)
・最終学歴は、早稲田大学

になります。

かほの登山日記も21万人ほどの登録者数に
なり、今後も増えていくのではないかと
思います。

今後の投稿動画も楽しみになりますね。

最後までお読みいただきまして
ありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次