スポーツ

箱根駅伝2021の優勝候補と展望!出場有力大学の戦力分析と注目選手を解説!

スポンサーリンク

正月の風物詩の一つである第97回箱根駅伝が

2021年1月2日、3日と開催される予定です。

コロナの影響もあって開催が危ぶまれていますが

今の所開催するようです。

そこで今回は

・箱根駅伝2021の優勝候補と展望は?
・出場有力大学の戦力は?
・出場有力大学の注目選手は?

という点について、まとめてみました。

箱根駅伝2021の開催概要について

2021年の箱根駅伝は、2021年1月2日、3日に

開催される予定です。

12月12日現在では、出場大学でコロナの

クラスターが発生したニュースはありませんので

順当に行われるのではないでしょうか?

そして今までと違うのは、無観客で行われる

という事です。

その為、往路復路のゴール地点では、

胴上げが行われないそうです。

無観客とはいえ、沿道での応援は制限できませんので

応援者独自の判断にならざるおえません。

今年ばかりは、沿道での応援を自粛して

テレビ観戦をしてみてはいかがでしょうか。

箱根駅伝開催概要

第97回箱根駅伝

往路:2021年1月2日
午前8時 大手町読売新聞社前スタート
107.5㎞

復路:2021年1月3日
午前8時 箱根芦ノ湖スタート
109.6㎞
放送:日本テレビ系列

りり先生(藤白りり)の彼氏や好きなタイプが気になる!可愛い私服画像まとめ!

人気女性YouTuberである”りり先生” 可愛い女性であり、医学大学に 通いながら活動しているんですね。 可愛い印象の女性となると男性としては 彼氏がいるか?好きな男性のタイプは? と気になりますよ ...

続きを見る

箱根駅伝の優勝候補と展望

2020年は、コロナの影響もあって出雲駅伝が

中止になりました。

11月に行われた全日本駅伝では、駒沢大学が

優勝し総合力の強さを見せました。

そして、今年の箱根駅伝は有力大学において

選手層の厚さが均等しており、有力大学

どこが優勝するか非常に難しい状況になっています。

その中でも青山大学・東海大学・駒沢大学の三強

もしくは他大学が優勝すると言われています。

箱根駅伝優勝候補大学

・青山大学
・東海大学
・駒沢大学
・明治大学
・早稲田大学

この他に、中央大学や国学院大学も優勝候補に

挙げられています。

スポーツ紙における戦力分析

先日、スポーツ紙が箱根駅伝の戦力分析を

おこないました。

その結果を掲載しておきます。

青山大学 総合力 93点 2020年箱根駅伝 総合1位
東海大学 総合力 94点 2020年箱根駅伝 総合2位
駒沢大学 総合力 95点 2020年箱根駅伝 総合8位
明治大学 総合力 91点 2020年箱根駅伝 総合6位
東洋大学 総合力 87点 2020年箱根駅伝 総合10位
順天堂大学 総合力 88点 2020年箱根駅伝 総合14位

(引用元:スポーツ報知より)

総合点では、駒沢大学がトップでありますが、

青山・東海とは1点差と戦力は拮抗しています。

全日本大学駅伝の終盤戦のような戦いが

箱根駅伝でも再現されるか非常に楽しみであります。

出場有力大学の戦力分析

優勝候補大学の戦力分析をしてみました。

青山学院大学

ここ数年の箱根駅伝での実績は素晴らしい

ものがあります。

毎回、レース展開は順当といっていいくらい

ですし、ミスも少ないです。

今大会の戦力をみてみますと、

・1万メートル28秒台の選手が10名いて選手層が厚い
・5区の山登りでは飯田貴之が控えている
・5区経験者の竹石尚人とルーキー佐藤一世が登録
・前回2区の岸本大紀が故障?で出場が不明

いつみても思うのですが、選手層が厚いのは
監督からしてみれば、戦略が立てやすいのでは
ないでしょうか。

”絆大作戦”で優勝を狙っています。

東海大学

黄金世代のメンバーが卒業して、選手層が

若干薄くなったような気がします

とはいえ、塩沢稀夕、名取燎太、西田壮志が

健在です。

全日本駅伝では、石原翔太の活躍もあって、17位から

2位に入ったのは監督も驚いています。

5区山登りには、昨年も走った西田壮志が

いるのは心強いと思います。

その反面6区の山下りのスペシャリストが

不在ですので、往路での順位が鍵となるでしょう。

次のページへ >

-スポーツ

© 2021 アラフィフパパの日常呟き日記♪ Powered by AFFINGER5