箱根駅伝2021の優勝候補と展望!出場有力大学の戦力分析と注目選手を解説!

正月の風物詩の一つである第97回箱根駅伝が

2021年1月2日、3日と開催される予定です。

コロナの影響もあって開催が危ぶまれていますが

今の所開催するようです。

そこで今回は

・箱根駅伝2021の優勝候補と展望は?
・出場有力大学の戦力は?
・出場有力大学の注目選手は?

という点について、まとめてみました。

目次

箱根駅伝2021の開催概要について

2021年の箱根駅伝は、2021年1月2日、3日に

開催される予定です。

12月12日現在では、出場大学でコロナの

クラスターが発生したニュースはありませんので

順当に行われるのではないでしょうか?

そして今までと違うのは、無観客で行われる

という事です。

その為、往路復路のゴール地点では、

胴上げが行われないそうです。

無観客とはいえ、沿道での応援は制限できませんので

応援者独自の判断にならざるおえません。

今年ばかりは、沿道での応援を自粛して

テレビ観戦をしてみてはいかがでしょうか。

箱根駅伝開催概要

第97回箱根駅伝

往路:2021年1月2日
午前8時 大手町読売新聞社前スタート
107.5㎞

復路:2021年1月3日
午前8時 箱根芦ノ湖スタート
109.6㎞
放送:日本テレビ系列

箱根駅伝の優勝候補と展望

2020年は、コロナの影響もあって出雲駅伝が

中止になりました。

11月に行われた全日本駅伝では、駒沢大学が

優勝し総合力の強さを見せました。

そして、今年の箱根駅伝は有力大学において

選手層の厚さが均等しており、有力大学

どこが優勝するか非常に難しい状況になっています。

その中でも青山大学・東海大学・駒沢大学の三強

もしくは他大学が優勝すると言われています。

箱根駅伝優勝候補大学

・青山大学
・東海大学
・駒沢大学
・明治大学
・早稲田大学

この他に、中央大学や国学院大学も優勝候補に

挙げられています。

スポーツ紙における戦力分析

先日、スポーツ紙が箱根駅伝の戦力分析を

おこないました。

その結果を掲載しておきます。

青山大学総合力 93点2020年箱根駅伝 総合1位
東海大学総合力 94点2020年箱根駅伝 総合2位
駒沢大学総合力 95点2020年箱根駅伝 総合8位
明治大学総合力 91点2020年箱根駅伝 総合6位
東洋大学総合力 87点2020年箱根駅伝 総合10位
順天堂大学総合力 88点2020年箱根駅伝 総合14位

(引用元:スポーツ報知より)

総合点では、駒沢大学がトップでありますが、

青山・東海とは1点差と戦力は拮抗しています。

全日本大学駅伝の終盤戦のような戦いが

箱根駅伝でも再現されるか非常に楽しみであります。

出場有力大学の戦力分析

優勝候補大学の戦力分析をしてみました。

青山学院大学

ここ数年の箱根駅伝での実績は素晴らしい

ものがあります。

毎回、レース展開は順当といっていいくらい

ですし、ミスも少ないです。

今大会の戦力をみてみますと、

・1万メートル28秒台の選手が10名いて選手層が厚い
・5区の山登りでは飯田貴之が控えている
・5区経験者の竹石尚人とルーキー佐藤一世が登録
・前回2区の岸本大紀が故障?で出場が不明

いつみても思うのですが、選手層が厚いのは
監督からしてみれば、戦略が立てやすいのでは
ないでしょうか。

”絆大作戦”で優勝を狙っています。

東海大学

黄金世代のメンバーが卒業して、選手層が

若干薄くなったような気がします

とはいえ、塩沢稀夕、名取燎太、西田壮志が

健在です。

全日本駅伝では、石原翔太の活躍もあって、17位から

2位に入ったのは監督も驚いています。

5区山登りには、昨年も走った西田壮志が

いるのは心強いと思います。

その反面6区の山下りのスペシャリストが

不在ですので、往路での順位が鍵となるでしょう。

駒沢大学

名称大八木監督のもと、久々に総合優勝を狙っています。

駒沢といえば、常勝軍団として有名ですが最後に

優勝したのが、第84回大会(2008年)の12年前に

なります。

その後は、2位、3位と一歩及ばずの成績を

残してきたのですが、シード校になったり

昨年は8位と思うような成績を残せて

いませんでした。前評判はいいんですが、

いざ本番となるとどこかの区間でミスや

選手の体調面などで順位を落としてしまい

がちです。そういった意味では、先日の

全日本駅伝では、ほぼ順当な戦いで

あったように思います。

・エース格の田沢廉が順当に登録
・鈴木芽吹ら実力ある1年生5名を登録
・全日本で欠場した小島海斗が登録されるか?
・最重要5区の伊東颯汰の走りがブレーキにならなければ
・山下り6区のスペシャリストが不在
・ミスなく順当なレース運びができるか?

といった点が鍵となるのではないでしょうか?

明治大学

全日本大学駅伝では、3位入賞でした。

レース展開もミスなく安定した走りで

勝ち取ったと思います。

なので箱根駅伝では、ダークホースの筆頭と

言ってもいいのではないでしょうか。

・1万mの記録会では28秒台が14名で層が厚い
・小袖英人、鈴木聖人、手嶋杏丞が順当に登録
・絶対的エースが不在

山本監督曰く、”爆発力が欲しい”とのことです。

全日本では、青山に勝っていますので、

箱根駅伝ではどのような走りを見せて

くれるか楽しみであります。

早稲田大学

全日本大学駅伝では、総合5位でした。

久々に強い早稲田?が戻ってきた印象を

受けました。

かつては、箱根駅伝でも優勝に絡んでくる

常連校でありましたが、ここ数年は

思うような成績を残せていませんでした。

・選手権1万m 27分台を出した中谷・太田が強力
・エース級の走りができる選手が多い
・中谷、太田中心に3年生がチームを引っ張っている
・前回大会のメンバーが8名残っている

全日本駅伝では、5区までトップを走るなど

久々に強い早稲田を見せてくれました。

箱根駅伝でもそれ以上の走りを見せて

優勝を狙って欲しいですね。

箱根駅伝の注目選手

箱根駅伝に出場するであろう選手ですが、

田沢廉をはじめとして、上級生にも多く

いますが、特に1年生に注目すべき選手が

多いように見受けます。

佐藤一世(青山学院大学)

青山学院大学のスーパールーキー佐藤一世 大学駅伝デビューの区間賞は「最低限」 https://t.co/gzxcbgbZTQ

— ガジ(DQウォーク・ポケモンGO) (@HbyhxklPi6H9WyD) December 11, 2020


(引用元:Twitterより)
佐藤選手は、千葉県八千代松陰高校出身です。

高校時代に、高校駅伝1区区間賞(日本歴代1位)の

記録を持っています。

全日本大学駅伝では、5区での区間賞を獲得するなど

即戦力として活躍するのではないでしょうか?

鈴木芽吹(駒澤大学)

1日に行われた #全日本大学駅伝 🏃で、優勝した #駒澤大学 の3区を走った1年生 #鈴木芽吹 選手は #熱海 出身あつ❗️
お正月の #箱根駅伝 🏃が楽しみあつ(■*^^*■)#駒大 #駒大陸上部 #原点と新化 #男だろ #藤色のタスキ #大学駅伝駒澤大学#ゆるキャラ #あつお pic.twitter.com/2kUeyM6Ubz

— あつお【公式】 (@atsuo_atami) November 6, 2020


(引用元:Twitterより)
鈴木芽吹選手は、長野の佐久長聖高校出身です。

佐久長聖といえば、東海の關颯人や名取燎太 、

早稲田の中谷雄飛の出身校でもあります。

高校駅伝でも1区28分59秒と記録を持っています。

また、ホクレンディスタンスの5000mでは、

自己ベストを15秒近くも上回る成績を残して

います。

全日本駅伝では、3区で活躍し優勝に貢献

しました。箱根駅伝では何区を走るか?

非常に楽しみであります。

吉居大和(中央大学)

いつも4years.をご愛読いただきありがとうございます!
今注目を集めているこちらの記事、もう読まれましたか?
「大学陸上・駅伝 – ルーキー吉居大和、学生トップレベルの快走の理由 中央大学の現在地(上) 」https://t.co/JV1GuoEJqD

— 4years. (@4years_media) December 9, 2020


(引用元:Twitterより)
吉居選手は、仙台育英高校出身です。

ホクレンディスタンス5000mでは、自己タイムを

16秒31も更新して、昨年の学生タイムリストの

日本人4位に匹敵する記録を叩きだしました。

12月に行われた5000mでは、13分25秒87と自身の

U20の日本記録更新をしました。

箱根駅伝ではどのような走りになるか?

非常に楽しみであります。

三浦龍司(順天堂大学)

いつも4years.をご愛読いただきありがとうございます!
今注目を集めているこちらの記事、もう読まれましたか?
「大学陸上・駅伝 – ルーキー吉居大和、学生トップレベルの快走の理由 中央大学の現在地(上) 」https://t.co/JV1GuoEJqD

— 4years. (@4years_media) December 9, 2020


(引用元:Twitterより)
箱根駅伝予選会での三浦龍司選手は圧巻の

走りでした。

全日本大学駅伝でも区間賞を取る素晴らしい

走りを見せました。

なんといっても、残り300m付近での彼の

ラストスパーとは衝撃でした。

他大学の上級生を置き去りにするような

走りでしたよね。

中央大学の吉居選手とともにスーパールーキーと

いってもいいでしょう。

規格外の大器で箱根駅伝を盛り上げて欲しいですね。

まとめ

今回は、第97回箱根駅伝が開催されます。

優勝候補と呼ばれているどの大学も

優勝してもおかしくないでしょう。

それだけ選手の能力は拮抗していますね。

個人的な予想としては、

1.駒澤大学
2.青山大学
3.東海大学

と予想してみました。
(あくまでも個人的な予想です)

2020年の箱根駅伝は、各校とも

非常に優秀な新入生の存在があり

楽しみな大会になりそうです。

果たしてどの大学優勝するか

楽しみです。

最後までお読みいただきまして

ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次